神社・神道

神道_神社_トップメイン

「神道 神社」にお越しいただきありがとうございます。「神道 神社」では、日本に古くから伝わる神道や神社について、興味を持ち始めの方に向けて説明しています。

神道として、みなさまに一番身近なのもの神社ではないでしょうか。伊勢神宮出雲大社伏見稲荷大社春日大社など全国の有名な神社をご紹介するとともに、神社の種類鳥居・狛犬など神社の境内にあるもの参拝の仕方などの神社にまつわる事柄をお伝えします。

また、天照大御神(アマテラス)大国主神(オオクニヌシ)瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)建御雷神(タケミカヅチ)といった神社に祀られている神道の神々もご紹介します。

神道は日本人の根幹を形作っているとても素晴らしいものです。ぜひ一度、ご覧ください。

神道の神々

古事記・日本書紀の神々

神道で祀られている神々として代表的な神々が、古事記や日本書紀といった記紀神話に登場する神々です。

イザナギ・イザナミの神生みにまつわる神々

伊邪那岐(イザナギ)・伊邪那美(イザナミ)による神生み神話にまつわる神々をご紹介します。

アマテラス・天岩屋戸神話にまつわる神々

天照大御神(アマテラス)・須佐之男命(スサノオ)を中心に、天岩戸神話や誓約、そして出雲神話につながっていく神々をご紹介します。

国譲り・出雲神話にまつわる神々

大国主神(オオクニヌシ)・建御雷神(タケミカヅチ)を中心に、出雲神話や国譲りにまつわる神々をご紹介します。

天孫降臨・日向三代にまつわる神々

瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)・猿田彦(サルタビコ)を中心に、天孫降臨や日向三代につながっていく神々をご紹介します。

神武天皇・ヤマトタケルにまつわる神々

初代天皇である神武天皇やヤマトタケルを中心にご紹介ます。

天之御中主神(アメノミナカヌシ)・天地開闢にまつわる神々

日本神話の原点である天之御中主神や神代七代、そして天地開闢にまつわる神々をご紹介します。

霊山・自然山岳の神々

日本には霊山・霊峰といった山岳に対しての信仰が古くからあり、人間は自然の中の一部であるという自然崇拝につながります。霊山・霊峰の神々を紹介します。

歴史上の人物からうまれた神々

歴史上、実在した人物が神となって祀られていることも多く存在します。そんな人から神となった神々を紹介します。

日本の神社

神社について

神社に参拝にいかれる方はとても多いと思います。しかしながら神社の参拝・お参りの仕方や、神社がもつ意味合いを理解している方はそれほど多くありません。

一度理解しておくと、神社への参拝がより深いものになるでしょう。

神社にまつわる物

神社にまつわる物として、神棚、お守り、おみくじなど生活に身近なものも多くあります。一度、ご覧ください。

日本を代表する神社

日本には、全国に素晴らしい神社・神宮・大社などが数多くあります。その歴史は古く、神話の時代から続く神社も多く存在します。

ぜひ一度訪ねてみてはいかがでしょうか。

全国の神社・神宮

日本には8万社以上の神社があると言われています。ここでは、全国の有名神社を厳選してご紹介します。

北海道・東北 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東地方 東京都 神奈川 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県
甲信越・北陸 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
東海地方 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島 沖縄県

三重の神社・神宮

京都の神社・神宮

奈良の神社・神宮

東京の神社・神宮

北海道の神社・神宮

青森の神社・神宮

岩手の神社・神宮

宮城の神社・神宮

山形の神社・神宮

茨城の神社・神宮

福島の神社・神宮

栃木の神社・神宮

群馬の神社・神宮

埼玉の神社・神宮

千葉の神社・神宮

神奈川の神社・神宮

新潟の神社・神宮

富山の神社・神宮

石川の神社・神宮

福井の神社・神宮

山梨の神社・神宮

長野の神社・神宮

岐阜の神社・神宮

静岡の神社・神宮

愛知の神社・神宮

滋賀の神社・神宮

大阪の神社・神宮

兵庫の神社・神宮

和歌山の神社・神宮

島根の神社・神宮

岡山の神社・神宮

広島の神社・神宮

山口の神社・神宮

徳島の神社・神宮

香川の神社・神宮

愛媛の神社・神宮

福岡の神社・神宮

長崎の神社・神宮

熊本の神社・神宮

大分の神社・神宮

宮崎の神社・神宮

鹿児島の神社・神宮

沖縄の神社・神宮

お願い

当サイトでは、できるだけ正確な情報の掲載を心がけておりますが、場合によっては正確、完全ではない場合がございます。いかなる保証をするものではなく、一切の責任を負うことはできません。大変心苦しいですが、あらかじめご了承いただけると幸いです。

また、尊敬する先輩方の書籍や情報を参考にさせていただいております。偉大なる先達の意思を受け継ぎ、日本の文化に少しでも貢献することができたら嬉しく思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加